ロボットアドバイザーのtheo(テオ)に任せておくと儲かる? | 資産自動運用theo(テオ)の本当のところ 利回りなど

HOME » theo徹底解剖 » ロボットアドバイザーのtheo(テオ)に任せておくと儲かる?

ロボットアドバイザーのtheo(テオ)に任せておくと儲かる?

ロボットアドバイザーに任せておくだけで勝手に資産運用をしてくれるといった夢の様なサービスが、近年評判になってきていて注目を集めています。
様々なロボットアドバイザーがありますが、その中でも高い評価を得ているのがtheo(テオ)です。
ただ、本当に損をすることなく儲かるのか、運用実績はどうなのかなど、様々な疑問をtheo(テオ)に対して感じる方もいることでしょう。
theo(テオ)に任せておくと儲かるのかの前に、他のロボットアドバイザーと比較して、theo(テオ)が優れている理由を紹介します。
その優れている理由を知ることは、theo(テオ)に任せておくと儲かるのかを判断するひとつの参考になります。

theo(テオ)が優れている理由のひとつは、ビックデータを駆使してAI(人工知能)が分析をすることによって、株価が暴落しそうになったら資産の組み変えをして損失を抑制するシステムという点です。
実は国内のロボットアドバイザーは、機械的にポートフォリオを組んだり、リバランスをしたりしているだけで、人工知能は全く関係ありません。
ですから、最先端の機能を用いていることや、今後さらに進化することなどを考えても優れていると言えるのです。

もうひとつの優れている理由は、今までのETFは定額の積立や分配金の再投資は手間がかかりすぎていたのですが、theo(テオ)は1%の手数料で全自動でやってくれます。
その為、リアルタイムで売買できるので有利になりますし、先にも触れましたがAIが市場を予測して資産運用してくれるのでより確かです。
この2つのポイントから、theo(テオ)に任せておくと儲かるのかは、ある程度判断することができると考えられます。

ただtheo(テオ)の運用実績を見ると、イギリスのEU離脱などから損失を出している人もいますし、登録したユーザーの中にはマイナス5%の運用になっているケースもあります。
また利回り的にちょっと物足りない感じもあるので、儲かっているのか、それとも損しているのかといった運用実績については一概に判断することは難しいです。
しかしtheo(テオ)を含めてロボットアドバイザーは、長期運用でリターンを狙っていく投資で、短期的にいきなり儲かることはありません。
毎月積み立てをして行くことで将来的には大きなリターンを得る可能性もありますし、トータル的に損失が出る可能性も低くなるのです。
theo(テオ)で儲かるコツは損失が出ても辞めずに継続することで、始める時にそのことをしっかりと認識しておくことが大事です。