theo(テオ)で口座開設をした後の入金方法は? | 資産自動運用theo(テオ)の本当のところ 利回りなど

HOME » theo徹底解剖 » theo(テオ)で口座開設をした後の入金方法は?

theo(テオ)で口座開設をした後の入金方法は?

theo(テオ)に登録すると約3営業日程度で登録住所に簡易書留のハガキが届いたら口座開設完了になります。
そうしたら資金を入金するためにログインすると、theo(テオ)口座へ入金してくださいと表示されるので、そこをクリックして入金ページに移動して入金方法を選択するのです。
ただクイック入金は現状では、住信SBIネット銀行かじぶん銀行に限られているので注意が必要となります。
theo(テオ)の入金最低利用金額は1万円なので、入金額を1万円以上に設定して銀行サイトへ進むといったボタンをクリックして、銀行サイト側で手続きを進めるとtheo(テオ)口座への入金が完了となるのです。

theo(テオ)の入金方法は、銀行振込・THEO積立・クイック入金の3種類があります。
銀行振込でtheo(テオ)に入金する方法ですが、入金・積立メニューに記載されている入金先口座へ振り込むことにより、theo(テオ)の自分の口座に入金されるのです。
15時までに振り込みをすることで、最短17時までにtheo(テオ)の自分の口座に反映されますが、振込手数料は自己負担になります。
ですから振込手数料が無料になる銀行を利用して入金すると無駄がないので、住信SBIネット銀行はおすすめです。

クイック入金でtheo(テオ)に入金する方法ですが、現在ではTHEO・THEO+SBI証券・THEO+住信SBIネット銀行・THEO+JALでの利用のみとなっています。
インターネットバンキング口座があると24時間利用可能で、入金額が即反映されて入金手数料も無料です。

THEO積立でtheo(テオ)に入金する方法ですが、これは決まった日に決まった金額を自動入金してくれるもので、毎月または自分で選択した月に最低10,000円から1,000円刻みで設定することができます。
設定すると毎月5日(休日の場合は翌営業日)に自動的にtheo(テオ)の自分の口座へ入金されますし、THEO積立による入金手数料については無料となっているのです。

theo(テオ)の口座開設は手順が多いように感じますが、やってみるとスムーズに完了するので簡単ですし、初期投資額も最低積立額が1万円と少額投資なので初心者でも参入しやすいと言えます。
また、口座開設後の入金方法もこのように面倒なことはありませんし、特にTHEO積立にすると自動入金してくれるので手間が省けるのです。
theo(テオ)を利用しても損失リスクはゼロではないので、資産がどうなるのかは分かりませんが、気長に資産の変化を楽しむのも良いでしょう。