theo(テオ)で積立投資をするのならいくらから? | 資産自動運用theo(テオ)の本当のところ 利回りなど

HOME » theo徹底解剖 » theo(テオ)で積立投資をするのならいくらから?

theo(テオ)で積立投資をするのならいくらから?

theo(テオ)を利用するにしても積立投資をした方が良いのか、また積立額をいくらからにしようかなどを考えている方もいることでしょう。
実は積立投資にはたくさんのメリットがあって優れた投資方法と言われていますし、theo(テオ)でも積立投資の実施を推奨しているのです。
しかし、きちんと納得して積立投資を行うことが大事なので、 積立投資をすべき理由や設定方法などを知っておくことも大切です。

積立投資というのは毎月1日など自分で投資時期を決めて、同時期に決めた金額を投資していく投資方法で、口数を積立ていく投資とも言えます。
では、どのようなメリットが積立投資にあるのかというと、投資の成績に一喜一憂しない・為替相場の影響を最小限にできる・上昇局面で大きな利益を出せるといった3つがあるのです。
ただ、このようなメリットがある一方で、デメリットとして考えられる点もあります。
それは、中長期的に上昇する金融商品に投資する必要がある・長期投資を行わないと大きな効果を発揮しないといった2つです。

しかし積立投資を行うことで投資の成績に一喜一憂することなく、為替相場の影響を最小限に抑えて金融危機もチャンスに変えることができます。
またtheo(テオ)の投資は自動的に世界に分散投資をしているので、積立投資と組み合わせることで中長期的に利益を得られる可能性は高くなるのです。
ただ積立投資を行うのなら長期的に利用することが求められるので、どのような資産形成をしたいのかをしっかりと考え検討することが大事になります。

theo(テオ)で積立投資をするとなったら、毎月の積立額をいくらからにすれば良いのかが気になる人もいることでしょう。
いくらからというのは一概には判断できませんが、theo(テオ)では毎月1万円から積立投資ができてハードルが低いのです。
ただ積立投資の効果を最大限に引き出そうと考えるのなら、最初に投資を始めた金額と同額の積立をしていくことが良いので、その点も考慮して設定する必要があります。

しかし注意したいのは、毎月の積立額が生活の負担にならないことで、投資を長期的に継続できる環境にすることが大事です。
ですから積立金額をいくらからと考えるのではなくて、投資で生活が苦しくならないように投資金を作ることから始めることも大切と言えます。
ただログインして入金・積立をクリックし「変更する」を押すと積立額の変更が可能ですから、いざという時には変更や積立の停止もできるのです。
また、逆にボーナス月に追加で投資することもできます。