theo(テオ)の実際の評判はどうなのか? | 資産自動運用theo(テオ)の本当のところ 利回りなど

HOME » theo徹底解剖 » theo(テオ)の実際の評判はどうなのか?

theo(テオ)の実際の評判はどうなのか?

近年、話題になって注目されているのがロボアドバイザーを利用した資産運用ですが、どのロボアドバイザーを選んだら良いのか迷ってしまいます。
比較的に評判が良くて特に20代〜30代の個人投資家に高い支持を得ているのが、お金のデザインが開発・運営するロボアドバイザーのtheo(テオ)です。

このようにtheo(テオ)が若い世代に評判になっている理由は、スマートフォンやタブレットから口座開設・投資プランの作成・運用結果の確認などができる操作性の良さがあります。
また最低投資額が1万円と比較的少額に設定することができることも、投資に多額の資金をあてられない20代・30代に評判となっている理由です。
それから、利用する際にかかる手数料が預かり資産の1%ということも魅力と言えます。

theo(テオ)の評判は、このような投資ハードルの低さと共に、独自アルゴリズムによる徹底した国際分散投資というのもあるのです。
運用する金融商品については、米国上場ETFを中心とした海外ETFで、投資対象は株式・債券・REIT・商品・インフラ・林業など非常に幅広いですし、投資地域に関しても世界80ヶ国に及びます。
このように、投資対象・投資地域・投資タイミングなど、すべてに関して分散することで世界経済の成長率と同程度のリターンを得ることを、theo(テオ)は目標としているのです。
国際分散投資というのもtheo(テオ)が高い評判を得ている理由のひとつと言えます。

theo(テオ)の資産運用手法は、投資理論や金融工学の専門家をアドバイザーに迎えて、あくまでオリジナルの投資アルゴリズムを構築しています。
先にも触れたように、世界に約6,000種類以上あるETFの中からインデックス型のみを選別して、時価総額・流動性・運用コスト・運用期間などの要件から投資銘柄の選定を行っているのです。
また運用で変動したポートフォリオのリバランスや、運用結果の報告も完全自動化されているので、銘柄選びや売買にかかる手間を大幅に削減できる点も大きな魅力と言えます。

ちなみにtheo(テオ)のユーザーの評判ですが、約90%のユーザーが満足していますし、約83%のユーザーが家族や友人にもすすめたいと考えているのです。
またtheo(テオ)を始めたきっかけは銀行預金に頼れないと思ったで、選んだ理由の第1位は一任運用が楽ということです。
このように、多くのユーザーが満足していることからも、theo(テオ)の評判が良いことも理解できますし、おすすめできるロボアドバイザーといえます。