theo(テオ)の登録・口座開設の方法を知っておく | 資産自動運用theo(テオ)の本当のところ 利回りなど

HOME » theo徹底解剖 » theo(テオ)の登録・口座開設の方法を知っておく

theo(テオ)の登録・口座開設の方法を知っておく

老後に備える資産形成のために投資信託を検討したり、金融機関からすすめられたりする方も少なくありません。
そんな方におすすめなのがロボアドバイザー投資で、その中でもtheo(テオ)はおすすめです。
theo(テオ)の登録・口座開設の方法ですが、全てがオンラインで完結して簡単ですし、申し込みにかかる時間は最短で3分程度です。
口座開設に必要になるのは、メールアドレス、運転免許書・マイナンバー通知・マイナンバーカードなどの本人確認書類があるので、予め用意しておきましょう。
ちなみにtheo(テオ)の登録・口座開設は無料ですし、パソコンだけではなくてタブレットやスマートフォンからでも申し込みができるのです。

theo(テオ)の口座開設の具体的な方法ですが、まずは年齢や年収などの情報を打ち込んで、質問に回答すると将来の資産予想を出してくれます。
その後ユーザー登録をした後に最初の運用方針を設定しますが、その際にはtheo(テオ)が年齢や金融資産額などに基づき適したプランを提示してくれるのです。
ただ提示してくれた運用方針が気に入らない場合には、自分に合わせてカスタマイズすることも可能となっています。

次にメールアドレスとパスワードを入力してユーザー登録すると、メールアドレス認証のためのメールが入力したメールアドレスに届くので、認証の有効期限内にメールアドレス認証をします。
その後は、氏名・生年月日・性別・郵便番号・住所・電話番号・職業・投資経験・theo(テオ)をどこで知ったかなどといった個人情報を入力します。
開設する口座の種別を源泉徴収ありの特定口座にするのか、源泉徴収なしの特定口座にするのかを選択して、入力した個人情報や特定口座の種別などを確認して登録となります。

theo(テオ)の登録・口座開設の方法の最後は本人確認のための書類をアップロードすることです。
マイナンバーカードがあるのなら提出するのはマイナンバーカードだけですが、マイナンバーカードを持っていない人はマイナンバー通知カードと一緒に、住民票・運転免許証などの各種証明書を合わせてアップロードします。
本人確認をアップロードして契約書や報告書のオンライン交付に承諾すれば契約申込みが完了となるのです。

口座開設申し込み後審査完了までには約3営業日程度かかって、その後本人確認のためのハガキが書留で郵送されてきます。
このハガキの到着をtheo(テオ)側で確認したら口座開設に使用したメールアドレスに口座開設の案内のメールが届くので、あとは口座に投資用の資金を入金すれば運用スタートです。