theo(テオ)はリスクをコントロールしている | 資産自動運用theo(テオ)の本当のところ 利回りなど

HOME » theo徹底解剖 » theo(テオ)はリスクをコントロールしている

theo(テオ)はリスクをコントロールしている

資産運用をしていない理由の第一位はリスクへの不安ということで、続いて投資の知識がないことに対する不安があります。
忙しい中で時間が取れなかったり、投資という未経験の分野に対する不安があったりすると、なかなか資産運用を実行に移すことは難しいです。
そうした不安を払拭してくれるのがロボアドバイザーによる資産運用で、自動運用をしてくれるロボアドバイザーというサービスを提供する会社もいくつかあります。
その中で初心者向けの手軽に最小限のコストで資産形成をはじめられるサービスを提供しているのがtheo(テオ)で、20代〜30代のビジネスマンを中心に注目されているのです。

またtheo(テオ)ではリスクをコントロールしているのですが、なぜそのようなことができるのかというと、独自開発の個人向けロボアドバイザーが自動運用しているというのが理由のひとつです。
ロボアドバイザーが中長期にわたる資産運用に必要な運用プランのメンテナンスを自動で行ってくれますし、収益を安定させる調節のリバランスも行ってくれます。
これによりtheo(テオ)ではリスクをコントロールしてくれるのです。

もうひとつtheo(テオ)では、徹底した分散投資を行うことでリスクを低減しています。
リスクが高い投資というのは、数種類の価格変動のばらつきが大きい株式などだけを保有する方法で、世界中の様々な地域の株式・債券・現物資産などをバランスよく分散して投資するとリスクの低減ができるのです。
つまりtheo(テオ)は、日本のみならず投資先を世界の成長資産に分散させることによって、リスクを分散して収益の安定化が狙えると言えるのです。

具体的にどのような分散をしているのかというと、まずは 地理的分散でtheo(テオ)は約40種類のETFから構成されていて、そのバリエーションは世界86ヶ国地域にわたります。
その為、個別株・債券・不動産・金・原油など投資先資産があるので、最終的な投資対象は11,000銘柄以上という豊富さを誇っていて、地理的な分散を行うことでリスク分散に繋げているのです。
また、値動きやリスク特性などで性質が類似する資産をグループにまとめ区分するアセットクラスを分類して、それぞれにバランスよく分散投資を行うことでリスクの低減をしています。

それから資産の値動きは長期的な価格変動と短期的な価格変動があって、長期に渡って保有することでリターンに対する相対的なリスクを低減できるのです。
このように長期運用による時間的な分散をすることで、リスクをコントロールすることもできるのです。