theo(テオ)を利用するにあたって知っておきたい注意点 | 資産自動運用theo(テオ)の本当のところ 利回りなど

HOME » theo徹底解剖 » theo(テオ)を利用するにあたって知っておきたい注意点

theo(テオ)を利用するにあたって知っておきたい注意点

ロボアドバイザーは、投資・資産運用を実施する個人に合わせて、その人にピッタリの投資信託や資産配分を提案するインターネット上のシステムです。
このように、おまかせ投資を行なってくれる仕組みとして、近年ロボアドバイザーが注目を集めています。

ロボアドバイザーが登場する前は、投資信託の相談といえばフィナンシャルプランナーにするのが主流でしたが、これは正直お金と時間がかかるという欠点があったのです。
しかしアメリカで開発された人工知能を用いたロボアドバイザーが登場したことで、個人に合わせた投資信託の提案が効率的に行なえるようになりました。
また利用者に対するいくつかの質問に答えることによって、自分に合った配分で投資を自動的に行なってくれる仕組みとなっているため、投資初心者でも気軽に資産運用ができるのです。

ただロボアドバイサーにはいくつかあって、自身に適したロボアドバイザーを選択することも大切な要素になるので、それぞれの特徴や注意点などを抑えておくことも必要になります。
特に注意点を見落としてしまうと、こんなはずではなかったというようなことにもなるので、事前に把握してしっかりと比較検討して選択する必要があるのです。

いろいろとあるロボアドバイザーの中でも比較的評判が良くて注目されているのがtheo(テオ)で、株式会社お金のデザインが提供しているロボアドバイザーです。
このサービスの一番の特徴は、投資初心者に向けたサービスで、しかも低額資金で始めることができるという点で、その為に20代〜30代のビジネスマンを中心に人気があります。
最小限のコストで資産形成をはじめられるサービスを提供しているのがtheo(テオ)で、具体的には1万円から投資を始めることが可能です。
またサービスを利用する際の手数料も、預かり資産額の1%となっているので効率的に資産運用を進めることができます。

ただ先にも触れましたが注意点もあって、そのひとつは運用することで利益に税金がかからないというメリットがあるNISA口座に非対応という点です。
こうしたメリットがあるNISA口座で運用したいと考える方も少なくないので、NISA口座で運用することができないという注意点はしっかりと認識しておく必要があります。
また10万円以上ではなければ出金できないという注意点があって、それ以下の金額を運用している時には解約するしか引き出すことができないという注意点もあるのです。
それからtheo(テオ)などのロボアドバイザーは短期で稼ぐ手段ではないため、稼ぐ手段としては効率が悪いという注意点があります。