theo(テオ)を利用する際には損失というリスクも考えて | 資産自動運用theo(テオ)の本当のところ 利回りなど

HOME » theo徹底解剖 » theo(テオ)を利用する際には損失というリスクも考えて

theo(テオ)を利用する際には損失というリスクも考えて

他の投資方法と比較してもtheo(テオ)は安定した利回りが実現しやすいので、初心者におすすめの投資方法と言えます。
しかしtheo(テオ)を利用して資産運用をするにあたっては、必ず儲かると考えるのではなくて、ある程度の損失リスクに備えておくことも大切です。
リスクと考えられる内容にはいろいろありますが、そのひとつに貸し倒れによる損失というのがあります。
theo(テオ)で貸し倒れが発生するのかは分かりませんが、万が一貸し倒れが起きてしまうと、投資していた金額が返ってこない可能性があって、大きな損失になってしまうのです。

では、theo(テオ)で貸し倒れが発生するとしたら、どのようなパターンが考えられるのかというと、運営が問題を起こした時とロボアドバイザーが資産運用に失敗した時の2つがあります。
運営が問題を起こした時というのは、通常投資家が入金したお金はロボアドバイザーが管理して、きちんと資産運用しなければなりませんが、運営側がその投資金を正常に運用しないで好きなように使ってしまった場合です。
このようなことが発生すると、いくら優秀なロボアドバイザーでも資産運用されていないので利益は生まれませんから、損失につながってしまいます。
ただ現在まで何の問題もなく運営していますし、SBIグループや地方銀行などと提携している実績もあるので、このような心配はほとんどないです。
また、theo(テオ)は投資者保護基金に加入していので、問題があって倒産などした時には1,000万円までなら補償してくれるので、1,000万円以下の運用なら貸し倒れのリスクは減ると言えます。

もうひとつAIが売買などを行っているので、ロボアドバイザーが何らかの不具合で稼働しなくなれば取引しなくなるので、場合によっては損失が発生してしまうこともあるのです。
しかしロボアドバイザーの不具合なら運営者側のミスと判断される可能性もあって、その場合には投資者保護基金により1,000万円までの補償をしてくれる可能性はあります。

資産運用でtheo(テオ)のロボアドバイザーが失敗して損失する可能性は低く、少なくとも投資初心者と比較しても堅実に資産運用してくれるはずです。
ロボアドバイザーに任せておけば自動で分散投資してくれるので、長期的に見ればプラスに転じる可能性はとても高いと言えます。
大儲けはできなくてもほぼ確実に資産を増やせる運用ができるので、失敗する可能性の低い投資と言えるので、投資初心者でも安心して資産運用できます。